本文へスキップ

小樽四ツ葉学園は障がい者支援施設です。

電話でのお問い合わせはTEL.0134-54-7404

〒047-0156 小樽市桜3丁目10番1号

社会福祉法人 小樽四ツ葉学園  障がい者支援施設

NEW お知らせ&イベント情報へ

             ようこそ!小樽四ツ葉学園のホームページへ
小樽四ツ葉学園のシンボルマークは、設立時の親たちの想いを込め、よつばのクローバーに知的障が い者の幸せを託してつくられました。
       

 小樽四ツ葉学園の前身として、昭和34年12月小樽市精神薄弱者収容施設建設期成会をスタートとして、昭和37年4月社団法人として、通所小樽四ツ葉学園が発足した。その後昭和39年4月社会福祉法人になり、昭和46年12月余市町の要望で余市幸住学園が開設、昭和62年4月余市豊浜学園の開設、昭和57年4月小樽市から中央保育所受託経営で障がい児を含む総合保育所を手掛けて事業を推進してきた経緯の中で、宮内庁より、社会福祉法人 小樽四ツ葉学園 の社会福祉法人の功績に対し、平成11年12月23日付けでいただいた報奨で御座います。



小樽四ツ葉学園規程




事業所紹介

運営規程

重要事項説明書



基本理念

よつばのクローバーにちなみ4つの基本理念を法人の礎としています。

1.施設利用者一人ひとりの人権を擁護します。
  人権侵害を許さず、プライバシーを保護し、人としての権利を擁護します。

2.施設利用者へ良質で適切な支援と援助をします。
  利用者個人が豊かな生活を実感し、充実した人生を送れるようにします。

3.地域生活を推進し、自立と社会参加をはかります。
  ふつうの場所で、ふつうのくらしができるよう すべての機関と連携し、地域福祉を推進します。

4.法人の運営基盤の強化をはかります。
  施設利用者に良質で安定的な福祉サービスを提供していくための足腰の強い社会福祉法人を構築します。  


十訓


1.職員は高い愛情をもち、学園が家庭的雰囲気の中で園生の人格を尊重し園生を大事にしよう。
  
1.園生に希望をもたせ園生から愛され信頼される職員になろう。
  
1.教育訓練の効果は肉体的、精神的苦痛を与えることによって得られないことを認識しよう。

1.教育可能状態から教育訓練の実をあげよう。

1.園生の衛生管理に留意し健康の保持に努めよう。
  
1.作業を通じて園生の能力啓発に努めよう。
  
1.園生の社会復帰に努力しよう。

1.職員は常に研鑽をつみ園生の師表となろう。
  
1.民間施設の特質にふまえ冗費することなく節約に努め円滑なる運営に心を致そう。
  
1.上司の意を体して使命感に徹し和衷共同園生の幸せのため法人の発展に努めよう。

  

施設沿革

昭和37年
社団法人 小樽四ツ葉学園設立許可 小樽四ツ葉学園開園
昭和39年
社会福祉法人 小樽四ツ葉学園設立許可 
昭和46年
余市幸住学園開園
昭和57年
小樽市より中央保育所の受託経営
昭和62年
余市豊浜学園開園
平成12年
小樽四ツ葉学園グループホーム事業開始
平成20年
小樽市より真栄保育所(現あおぞら保育所)の受託経営
平成24年
新事業体系移行

ナビゲーション

社会福祉法人
小樽四ツ葉学園

〒047-0156
小樽市桜3丁目10番1号
電話     0134-54-7404
ファックス  0134-54-7428